保険ニュースTop >  生命保険 >  保険金不払いを防ぐ加入法

保険金不払いを防ぐ加入法

近年、損保系の保険会社で発生した不払い、支払い漏れでは、ケースが多く見られました。
医療保険に入る前に加入者がありのままの健康状態や病歴などを保険会社側に開示することです。
加入者は正直に告知をする義務があります。
隠したりすると、告知義務違反として契約を解除されたり無効にされたりといった重いペナルティーが科せられます。
不払い、支払い漏れではこれについて不適切な適用がありました。
保険に入る前に発病、治療していることを指します。
保険に加入する前から発病していたとしても、それに気がつかなかったり治療していなかったりすれば、始期前発病には当たりません。
不払いとなったケースの中には、医師の診断書の中に「3年程度前から発病していたと思われる」といった、推測に過ぎない文言を根拠に、「始期前発病に当たる」と判断し、払っていない事例もあったようです。
生命保険会社は医療保険を扱ってきましたから、加入前の検査や告知には慎重に慎重を重ねます。
実際に不払いという事態を避けるには、どう対処すればいいのでしょうか。
契約時に読み合わせの義務はありませんが、できるだけしておくことを勧めます。
「せっかく保険料を払ったのに……」と泣き寝入りするようです。
食い下がることが不払いへの一番の対処法なのです。

スポンサードリンク

関連エントリー

保険ニュースTop >  生命保険 >  保険金不払いを防ぐ加入法

探し物がなかったら・・・googleで探す!
Google